中学受験は親子の受験

中学受験は親子の受験

中学受験は親子での受験とも言われています。
高校受験や大学受験となると本人の自主性がメインになりますが、中学受験の場合は子供はまだ小学生なので親のサポートが必要となることも多いでしょう。

とは言え実際に受験をするのは子供本人なのですから、親は情報収集や諸手続をしたり、子供がより受験勉強に集中できるような環境作りをすることになります。
中学受験に向けての勉強法は様々あり、その子によって何が一番向いているかは異なります。

ですが、その中でもやはり頼りになるのは、いわゆる進学塾や家庭教師です。
中学受験には、まず受験に対応できるだけの学力が必要です。
受験の日程までに間に合うように、しっかりと計画的にサポートしてくれるのは進学塾や家庭教師です。
現時点で足りない力は何か、いま何をすべきかを教えてもらうことができます。
また、受験勉強の期間中には心が折れてしまうこともありますが、そんな相談もできる頼もしい存在になります。

それから、受験の具体的な情報も必要です。
志望校の出題傾向は変わっていないか(学校からの情報など)、今年の志望者数の動向、受験期間中のサポート(面接練習や2次募集や他校受験などのアドバイス)などです。
受験のプロは膨大なデータを持っており、個人ではとても知りうることのできない情報もあります。
受験は精神的にも厳しい局面もありますので、色々なサポートがあると心強いでしょう。

最新のお知らせ

  • [2016年12月01日]
    ホームページを更新しました。

  • [2016年12月01日]
    運営者情報を追加しました。